時間・お金ならなんとかなる

大学生の時にとても大胆な考え方をする友達がいました。

その友達がいうには、「自分が一生懸命していたら誰かが絶対に必ず助けてくれる。だからそれを信じて、自分はやりたい事を思いっきりやればいい。それには手段を択ばない」そんな考え方。

その子は確かに、若いうちはやりたいことにどんどんチャレンジしていて、とても輝いて見えました。

今、その子とは連絡を取っていないので、どのように過ごしているのか気になるところですが、でも自分の好きな分野で大活躍している事でしょう。

 

自分のやりたいことを自分で分かって、そしてそれを仕事とできる事はとても素敵な事です。誰もが小さなころは「大人になったらOOOになりたい」と考えたであろうに、どうして大人になってからそんな子供のころに描いていた自分像に大抵の人はなれていないのでしょうか!?

 

自分の好きな事が見つかったら思いっきりそれに向かって一生懸命になった方が良いです。それが結果的に自分にとって良い方向に向かおうとも向かわなくとも、でも人間が腐らないように。自分のやりたい事に一生懸命になれる人は何歳になっても輝いていられるものです。輝いている人って年齢が分からないものです。やる気と情熱に燃えている人はいくつになっても素敵なものです。

 

もしお金が無くて今すぐそんな素直に自分の夢に向かっていけない…という人がいたとしても、きっと誰かがサポートしてくれるはずです。そんな人が全くいなかったとしたら・・・、自分で融資先を探すのも良いでしょう。大人になってからでも夢を追いかける事は出来ます。そのためにキャッシングローンを利用するのも良いかもしれません。そのような借り入れ ならきっと無駄にはならないはず!もしあなたが今、大人といわれる年齢に達していて、でも自分の毎日の生活に夢や希望を持てないとしたら。。。それは新しい自分になるためのターニングポイントかもしれません。自分のやりたいことが何なのかもう一度考えてみましょう。

 

チャンスがきたらとりあえず乗ってみよう

チャンスの神様はそうそう来てくれるものではない、という事をまず分かっておきます。

「チャンスはつかむもの」、「チャンスは作り出すもの」であって、自分が心から欲しいと思っている事なら自分から行動に踏み出すのが一番早い方法なのです。でも人生の中にはとてもついている時、運が良いときがあって、そんな時な自分から行かなくても向こう側からチャンスが勝手にやって来てくれる…、そんなラッキーな時があります。そんな時は遠慮なんかせずに堂々とそのチャンスに乗ればいいのです。チャンスの神様は二度と来てくれないことも多い。だからチャンスが向こう側からくるときはありがたくそのチャンスに乗るべきなのです。

 

チャンスが向こうから来てくれるという事は、普段からしっかりとそのチャンスに向けて動いているからでしょう。どのような事かというと…。例えば簡単に。彼氏が欲しいとずっと思っている(むしろ願っている)女の子がいたとします。彼女はただ単に彼氏が欲しいと思っていて(特定の男性の事を思わず)、彼氏がいると人生もっと楽しいだろうなぁと感じているとします。特定の男性に対して好意を持っているわけではありませんから、誰かに自分をアピールしようとはしません。でもいつか彼氏が出来たらいいなぁ、とは思っているので自分磨きに余念がありません。彼氏がいるわけではないけれど、彼氏が欲しいので自分を磨く・・・。

そのうちに向こう側からチャンスがやって来ます。素敵な男性彼女に「付き合ってくれえませんか?」となんとも素敵な誘いをくれます。そして彼女の答えは…

 

とここで彼女は迷うのですよね。「このチャンスに乗るべきか…。もしかするともっと素敵な男性が自分の目の前に現れてくれるかもしれないし・・・」こう思うか、「こんな素敵な申し出はめったにない事だから、今すぐハイと返事すべきよね!?と思うか…。この二者択一に彼女は迷うかもしれませんが…こんな時は迷わずまず付き合ってみる事です。これが「チャンスが来たら乗ってみる」という例です。まず軽く付き合ってみて、それから深い付き合いにするかどうかを考えればいいのです。賢い女性ならそうするでしょう。

チャンスの神様はそうそう来ないという事をしっかりと心得ておくべきです!

 

今までやらないで後悔したことを思い出してみる

自己啓発本に書いてあることですが、「今できる事は今しかできないかもしれません。だから今できる事は今すぐ始めましょう」と。誰の人生にも後悔するようなことの一つや二つがあって当然です。何も後悔することが無いようなそんな人生…もしかすると、勿体ないかもしれませんね。「やらないで後悔するよりやってから後悔した方が良い」とはよく言われることです。あなたの今までの人生の中で後悔したことは何ですか?それはやってからの後悔ですか、それともやらなかったことに対する後悔ですか?

 

ある人の後悔は結婚生活だそうです。

結婚年齢が高くなるほど女性も男性も結婚へのハードルが高くなっていきます。周りの友達や知り合いがどんどんと結婚していくと、独身である自分の身がとても不憫に感じてきます。「結婚って勢いでするもの」という人がいるくらいだから・・・と結婚に焦ってしまって新しい生活を始めてみたものの、そんな憧れだけから始めた結婚がうまくいくわけもなく…結局は離婚に。結婚のために自分の大好きだった仕事もやめてしまったために、仕事も結婚も結局うまくいかなかったその彼女の人生…。結婚自体を後悔してしまうのも分かりますよね。結婚って人生の大きなイベントです。それがうまくいかないとなると、後悔するのも仕方がない。

でもこの場合は結婚というものが自分にとってどんなものだったかを、しっかりと分かってからの後悔ですので、もしかするとまだマシなのかもしれません。世の中には結婚自体しないまま人生を終わらせる人も沢山いますから。結婚したくないのならそれはそれでいいのですが、結婚したくて出来ないかった人は…、シンプルに悲しいですよね。

 

とはいえ「結婚」は大きなこと。そんな大きな事でなかったら、しないで後悔するよりもやってから後悔した方が、人生が豊かになるような気がします。よほど危ない危険な事でない限りはやらないよりも勇気を出してチャレンジした方が良いと思いませんか!?